汗臭くなった服やタオルには、熱湯で消臭する

kusai

 

洗濯したのに何か服やタオルが臭い事って無いですか?何か酸っぱいような汗臭いような、そんな臭いです。

あれって不思議ですよね。

何故しっかりと洗ったのに臭いが取れないのか。

 

実はその原因、服やタオルに染み込んだバクテリアや菌なんですよね。

この菌は人間の皮脂や汗を栄養源にして、ドンドン増殖をしていきます。

 

そして洗濯に対しても耐性を持っており、少々の洗濯では除去し切ることは出来ません。

少しでも残っていれば、また皮脂や汗を栄養源にしてドンドン増殖をしていきます。まさにイタチごっこですよね。

 

 

臭いの消し方

そんな臭くなってしまった服やタオルに対する、臭いの消し方について説明します。

それは少々荒業となってしまいますが、熱湯をかけるというものです。

 

なので大切にしている服などはきちんとクリーニングに出してください。

これはあまり大事にしていない洋服であったり、安い下着であったり、作業服に対しての荒療治です。

 

前述通り、臭いの原因はバクテリアや菌です。

これを全て除去しなくてはまた臭いが復活してしまうんですよ。

 

なので洗濯するというよりも、殺菌するといった観点で考えた方が良いのです。

殺菌と言えばアルコールに漬けるのも良いですが、布にアルコールは現実的ではありません。

安く手軽にできることを重視すれば、熱湯の方が経済的なんですよね。

 

 

  1. やり方としては、スーパーなどで配布されるビニール袋を用意してください。
  2. そこに綺麗に畳んだ服やタオルを入れます。
  3. この時に無造作に放り込むと、シワシワになってしまう可能性がありますので、必ず綺麗に畳んでください。
  4. そして服やタオルの入ったビニール袋に、熱湯を注ぎ入れてください。
  5. 服やタオルが全て浸かるくらいまで入れます。
  6. そして熱湯を入れたら、すぐさま口を縛って放置してください。
  7. これで完了です。

 

布の中に染み込んだバクテリアや菌はこれで死滅したはずです。

 

後は普通に洗濯していただければOKです。

 

タオルなんかは、これで定期的に殺菌していただいた方が良いかもしれませんね。

洋服はクリーニングの方が良いかもしれませんけどね。試してみてください。

About the Author: 地道