株式投資を初めてみたい方への注意点って何?

資産格差が声高に聞こえる昨今、持たざる不安もあるのが株でしょうか?

 

初めて取引をする方はドキドキかもしれませんが、株は簡単に買えます。

証券会社に口座を開いて、パソコンやスマートフォンから売り買いの注文をするだけで株取引は簡単に出来ます。

 

口座も簡単に開けます。近くに証券会社があれば窓口を訪ねれば良いし、ネット証券ならパソコンから入って難しくなく手続き出来ます。

(ネット証券だと手数料が安いです。証券会社だと高くなりますが、アドバイスがもらえるメリットがあります。)

 

ただし、売り買いが簡単に出来るからと言って、簡単に儲けることが出来るとは限りません。逆に大きな損をしてしまうかもしれません。

 

・基本ですが、株式投資は余裕資金で行うようにして下さい。

 

ハイリスク、ハイリターンなので、住宅の頭金や、教育資金など使い道の決まっているお金を使うのは止めた方が良いでしょう。

ましてや借金は論外です。

 

 

・株式投資は自己責任で行う。

 

本で推奨されていたから、高名な評論家が推していたから、配当利回りが良いから、高値から下がっているから、将来性がありそうだから等、

どんな理由で買っても良いですが、売買は自分の判断で行い、損した時には自分の責任と覚悟せねばなりませんね。

 

・株式投資は投機でなく、投資で行う。

 

ハイリスク、ハイリターンですが、初心者の方は博打のように儲けを狙うのでなくて、応援したい会社に出資して利益をもたらして貰う。

そのような心持が良いかと思います。

自分で好きな会社、関心のある業界なら情報も自然に入ってくるので、一喜一憂しないでじっくり構えられます。

 

・日本株も良いがアメリカ株もお勧め。

最初はなじみのある日本企業の株も良いですが、購入に慣れてきたらアメリカ株もお試しください。

特に世界中に会社を持つ多国籍の大企業がおススメです。

 

長期間のチャートを見れば分かりますが、日本株は上下に乱降下しておりバブル自体(1989年)の日経平均38000円を超えていません。

しかし、アメリカ株はずっと右肩上がりになっています。

もちろんこれから下がる事もありますが、株価がゆっくり上がり続けているのは安心材料ですね。

さらに配当金が魅力的で、持てば持つほど配当が上がっていく増配となる企業も多くあります。

 

また、日本株は最低購入株数が100株、1000株となり購入金額が大きくなりますが、アメリカ株は1株の数10ドルから購入する事が可能なのもお勧めです。

 

 

 

 

You May Also Like

About the Author: 地道